紅葉
2016/12/15(Thu)
岩手に花の仕入れに行って
紅葉を見てきたのは 秋のこと、、、
20161206_200449S.jpg

岩手三石山
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
森林限界へ
2015/07/21(Tue)
先日 山形に 石の視察にいきました。

標高1600を超えた山には まだまだ雪がありました。
01.jpg

アイゼンをつけて登ると

まず山野草の花畑が

1_201507211914078ec.jpg
2_20150721191409388.jpg
3_20150721191410f92.jpg
4_20150721191412e71.jpg
7_20150721191444347.jpg
8_2015072119144583d.jpg
5_20150721191441237.jpg
6_20150721191442b63.jpg
何事も 勉強勉強!!

石と花はいいなぁ
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山野草
2015/05/05(Tue)
自然て
1_201505050624011a6.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

いいよねぇ!!
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これは!!
2014/10/03(Fri)
IMGP0348-1.jpg



IMGP0350-1.jpg




IMGP0374-1.jpg


IMGP0411-1.jpg


IMGP0366-1.jpg

すばらしい景色でした!!

感動した!!



現場は 福島 中庭工事

IMGP0330.jpg

大和町
版築土塀の腰積み中

IMGP0414_20141003205433c50.jpg

順調で!最高に!!感謝であります!!!

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山登り2
2014/06/15(Sun)
今日は日曜日

お休みです!!

日曜は 子供たちと 朝のマンガや戦隊ものを観ます!!

9時半からの ワンピースを見ますと 休みだなぁって感じますね

そして10:00

嫁に 登山道具を買ったのに まさか1回で終わりか?といわれる

10:05

山に行こうと考える

10:15

家を出発

11:00

山の入り口 また一人で山登り

えぼしスキー場に到着(標高650m)!!

しかも4トンクレーンで!!

しかし このトラックが奇跡を起こすとは誰もこのときはおもいますまい・・・

IMGP0044_20140615201054857.jpg

ヤシオツツジの花も終わり

観光客や登山者は だいぶ少なく ゴンドラやリフトも動いていないので 白龍の滝コースを登りだす

IMGP0046_20140615201055528.jpg

蔵王の ブナ林に感動

12:45

白龍の瀧の上の所

川を渡る

IMGP0059.jpg

地図もないが登る
まだまだテンションは高い!!
IMGP0069.jpg

14:45
IMGP0073_20140615201059e75.jpg
隣の山が 見える

そして寒い・・・

しかも できたての あきらかに人間のサイズを超えた

クマの糞に遭遇・・・・

気づけば この登山道に入って 人の足跡もなく

ここ最近歩いた形跡すらなかった・・・

確かに 分岐点の看板は腐り果てていた

勘で来てしまったのは 確かだ・・・

俺は 奴らのテリトリー 

クマのステージにいるのだ!!

山の中 いろんなことを考える・・・

俺は 迷わず尖った5キロほどの石を握っていた・・・

クマは 立ち上がり 威嚇しながら 倒すように 攻撃を仕掛けてくるだろう

そしたら左腕をくれてやっても この利き腕に握った石で クマのこめかみに渾身の

一撃を!!!!!

などと 武井 壮のようなことを考えてしまっていた

人間というのは 適応する生き物である

さすがに 相当歩いた・・・

記憶が正しければ 地図上は頂上までいけば ぐるっとまわれたはず・・・

しかし地図はない・・・

標識もない・・・

GPSもない・・・

あれ・・・

あれ あれ・・・

4トンのカギもない~~~ 

最悪だ~~~~~!!中腹まであったのに~

山で落とした~~~!!!

しかも16:00

頂上付近・・・雪あり

IMGP0078_201406152038415f4.jpg

しかも、屏風岳(標高1817m)が すぐ目の前に見える

IMGP0081.jpg

以前 この山に勤めていた子に かろうじて電話がつながる

教えてもらうと やはり後烏帽子岳(標高1681m)頂上まで行って まっすぐ下るルートが早い言う

しかし看板もない 山奥でプチ遭難している男の話を聞いて

上手く道案内ができる状態ではなかった

ここまで4~5時間近くノンストップで登っている

通常のルートではなく マニアックなルートのようだ

そして俺は 迷わず トラックのカギを諦め 頂上をめざした・・・


しかし道が険しくなる もう間もなく 頂上ではあろうが 道らしい道ではない

ライトもあるし わからないルートに挑戦するより 来た道をもどることにした

カギも奇跡的に見つかってほしいというおもいもあった。。。

来たルートは沢を二カ所わたることになる

日が暮れる前に何とか渡りたい・・・

走って山を下る・・・



クマなんてどうでもいい・・・


カギを探して、けもの道を走る 

落としそうなところは よく見ながら

そして30分ほど下り、沢の所で 奇跡的にカギが刺さった状態で見つかる!!

こんなにうれしいことはない!!

家に帰ろう!!

悪路をものともせず全力ダッシュ

白龍の瀧を越え

中腹のゲレンデに出たのは17:45頃かな

そしてゲレンデを歩いて下る

ようやく家に帰れる!!!!

奇跡の山登り・・・


山掘りして 山になれてたつもりでいたけど 登山は 別物だね

みなさん 気を付けましょう!!

注・素人は 無理しないこと


帰りには 一人になってました~

IMGP0083.jpg

あのまま登ってたら 下山できなかったかも・・・

トラックのカギを落としたおかげで 引き返す気になれたのかもね

もう無事に 家です!!

めでたしめでたし!!









この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ